バイナリーオプションのリスクとは?

たとえリスクを負っても、損失はチケット購入金額分のみ

「投資」と聞くと、「簡単ではない」「危ない」という印象がつきまといがちです。
それにはいくつかの理由が考えられますが、多いのは、多額の資金が必要だったり、
いつの間にか投資額以上のリスクを負ってしまうという不安があるからだと思われます。
バイナリーオプションは、そんなイメージを根本からひっくり返す金融商品でもあり、
取引を始める段階で全リスクの想定が可能となります。

まず、多額の資金を投資する必要はございません。
50円から1000円ほどから始められるような、
初心者向けのサービスを行っている会社を選び取引を行えばいいのです。

「投資した金額が戻らない」という点は、バイナリーオプションでも予想を外せば、
チケットを購入した金額は戻りませんので、ある程度の損失は仕方ありません。
この場合、失うのはチケットの購入代金のみですので、それ以上になることはありません。

バイナリーオプションは、FXの証拠金取引のように、為替レートが予想に反して大きく動いたために、
投資金額以上の損失を被ってしまうという危険は皆無です。
また、投資した時点で、「損失=チケット購入代金のみ」というように、
予め損得が目に見えてわかるというのもバイナリーオプションの魅力です。
株やFXのように、予想を外せば外すほど、損失がどんどん大きくなる危険を味わうことはありません。

値動きにかかわらず、少ないリスクで大きな利益を狙える

バイナリーオプションでは数時間で投資金額が何倍にもなる事もあります。
株式やFXなどの取引では、値動きの幅が直接損得に関わってきます。
例えば、FXでは外国為替レートが10銭動いたときよりも10円動いたときのほうが利益となりますし、
予想に反して動けば動くほど、損失は大きくなります。
ですが、価格の変動が少なければ、損益もそれなりで投資の魅力に欠けます。
また、常に株価や外国為替レートが大きく変動しているというわけではありません。

ところが、バイナリーオプションであれば、
ほんのわずかな値動きであっても、金額・値幅にかかわらず
「円高」か「円安」のどちらになるかの二択で利益が確定され、リターンも狙えます。

「円高」になると予想してチケットを購入した場合は、上げ幅が1銭だろうと1円だろうと、
結果が「円高」という予想が当たれば、購入時の倍率で払い戻し金が支払われます。
値幅によって損得が決定するわけではないため、「払い戻し金が少なくなる」ということは一切ありません。
さらに、取引が1日に何度も行われるので、連続で予想が当たると大きな利益となる可能性もあります。
例えば初めの投資額500円で、倍率2倍の取引が5回連続で当たった場合、
500円→1000円→2000円→4000円→8000円→16000円と、32倍にもなります。
その間、外国為替レートが1銭しか動かなくても、利益が変わることはありません。
また、もし5回の予想を全て外してしまった場合でも、
損失は5回分のチケット購入代2500円以上のみとなります。
万が一の損失の際も、予め金額がわかりますので、安心して積極的に取引が行えます。

信託保全の制度により資金は保護される

万が一資金を預ける際の銀行が経営破綻した場合、どうなるのでしょうか?
「全額保証が当たり前」と信じられてきた銀行の預金ですが、
ペイオフ方式が適応となると、最大1000万円とその利子しか保証されません。
さらに外貨預金になると、万が一の際の預金保証すらございませんので、
預けた資金が返ってこない可能性もあるのです。

「では、為替を使ったバイナリーオプションも危険なのではないか?」と思われますが、それは違います。
皆さんは「信託保全」という制度をご存じでしょうか?
バイナリーオプションの運営会社が経営破綻した際に、利用者に被害が及ばないよう、
お預かりした資金を「信託銀行」「信託会社」などの第三者に預ける制度のことです。
この信託先である第三者により資金は保護されますので、
万が一の際は信託先より資金が返金となります。

信託保全は金融取引のリスクを最小限に抑える為の制度で、
一般的に日本で運営されるバイナリーオプションでは
法律により資金の保護が行われていますので、外貨預金より安心ともいえます。
ただし、海外のバイナリーオプション運営会社の中には、
資金の保護の部分が不明確になっているところもあります。
バイナリーオプションは、「リスクを抑えられることが魅力」の投資でもありますので、
万が一の際に被害を受けてしまわないよう、信託保全の有無も確認してから始められると安心ですね。

ノーリスクな投資はない!メリットの裏にはデメリットもある

まずはバイナリーオプションの特徴をしっかり押さえましょう。
投資初心者でも、始めやすく低リスクなのがバイナリーオプション。ハードルは低いけれど、利益を求める以上はリスクがあることも頭に入れておきましょう。
 円の上がり下がりを予想するだけのシンプルな仕組みである上に、少額で投資できて時間も掛からない!投資額も少なければ大負けする危険も少ない、そんないい事尽くめのバイナリーオプションですが、もちろんリスクもあります。
難しい知識が無くても投資が出来る為、ハードルは低くなりますが、適当に円の上がり下がりを予想していては意味がありません。それは投資では無く、ただのギャンブルになってしまいます。
円が「上がる」か「下がる」かだけを予想するだけとは言え、必ず全て予想が当たるとは限りません。もし2回の内に1回当たったとしても、1回は外れたわけですから1回分のチケット代を損したことになるわけです。
 そんなリスクを少なくするためにも、やはりある程度の為替の動きの仕組みなどを知る必要があります。
また一回のチケット代が少額だからといって、次々とチケットを買ってしまうと、気づいた時には大損している可能性もあるのです。当初の投資額を大幅に超えてしまった、なんて恐ろしいですよね。

ですので、いくら少額だからといって感覚をマヒさせることなく、一つ一つ真剣に考えて投資することが大切です。

まぁノーリスクで利益を得るのは不可能ですが、こちらの勝ち方指南書は非常に参考になりますね。

ハイローオーストラリアの勝ち方指南書